日本製 MADE IN JAPAN

SARAは日本製に徹底的にこだわり、生地生産・デザイン企画・縫製を全て国内で行い、全国のお客様への販売を行う数少ないメーカーです。

日本のものづくりには日本人特有の完璧を求める几帳面さと勤勉な姿勢が生かされてきました。 そうして高品質・高性能な製品を世界の市場に送り出してきましたが、今や消費の時代の中で値段や効率だけを追求する粗悪な商品やコピー製品、又、食の偽装問題なども後をたちません。 そこには企業の利益追求の為におざなりにされた消費者の立場と品質管理のレベルの低さがあります。 私たちは純日本製の信頼と安心感を裏切らない製品を皆様にお届けしたいと思っています。簡単には真似の出来ない技術や製品には本物の価値があります。

SARAは日本製生地を使い、日本で縫製を行う純国産100%MADE IN JAPAN。いくら日本製であろうと、最終工程だけを日本で行うような「日本製」に説得力は無いと我々は考えております。洗練されたデザイン+品質への信頼。つまり、"これぞ、日本のクオリティー"というものが出来上がって初めて本当のメイドインジャパンと言えるのではないでしょうか。

高機能生地 MADE IN JAPAN

(SARA製品に使われる生地は、当初、海外で生み出されましたが、現在は100%日本生産に切り替えています。) 紫外線遮蔽・吸汗速乾・接触冷感に優れた生地生産においては、世界トップクラスの国内製糸メーカーで生地の基となる生機(キバタ)を編み上げ、国内染色工場にて厳しい基準下における染色工程を行う事により、世界トップクラスの機能性を兼ね備える紫外線対策生地を作り上げています。

オンリーワンパターンイメージ

JAPAN PRIDE(ジャパン・プライド)

SARAは福岡県に自社工場を持っており、縫製会社が運営元のブランドです。
工場長はこう言います。「弊社は長年において高級プレタ製品を中心にあらゆる縫製に携わってきたので、一流の縫製技術には自信がある。婦人プレタポルテ(高級既製服)を縫っている同じ技術でSARAの製品は創り上げられており、縫製に一切の妥協はありません。まさに【ジャパン・プライド】です。」
また、ここで働く縫製者は、みな日本人。この人達が、SARAのものづくりを支えています。